どこでもホワイトボード – 「どこでもシート」

61j47W1amvL._AA300_

最近はご自身でワークショップを主催している人も多いので、知っている人にとっては「当たり前」だと思うのですが、自分は初めて知った時に感動したので、ご紹介。

そんなもったいぶって紹介するのは何かというと「セーラー万年筆 どこでもシート 600×800」なる代物です。

会社を立ち上げた当初、ホワイトボードはどうしてもほしいなぁと思っていたのですが、まずはスペースがない。そして、まだまだ資金的にもそんなに余裕がない(というか、実際にはどれくらい使って大丈夫かの見通しが立てられてなかったというのが正確なところですね)。

そんな状況で「どうにかできないものか…」といろいろ探していた時に見つけたのが、この「セーラー万年筆 どこでもシート 600×800」です。

これはサランラップみたいな感じでシートが収められているもので、それを引き出して使います。大きさは幅600×高800mmで、その大きさごとにミシン目が入っています。取り出したそのシートは静電気で壁やガラス窓などに貼り付けることができ、そこが「ホワイトボード」になるというもの。

自分のこれまでの経験では窓のようなつるんとしているところはもちろんきれいにくっつきますし、少し凹凸があるような壁紙が貼られている壁にも難なく貼り付けることができています。

ただし、後ろに凹凸があると書きにくいのはもちろん、イレイザーでは消しにくい(これは凹凸がないところでも比較的そう)ので、自分の場合は業務用のウェットティッシュ(OAクリーナー)で消しています。その場合、乾くまで待つ必要はありますが、乾けばまた普通に書くことができます。

普通のホワイトボードと同じく、何度も使っていると消えにくくなりますが、燃えるゴミとして捨てることができるので、古くなったら折りたたんでゴミに出せば済むというのも助かるところ。

ホワイトボードのように使えるものの他、透明状の「どこでもシート透明」もあります。透明なので、すでに貼られているものの上に貼って、書き足したりと工夫して使える一品。

値段が少し高いと感じるかもしれませんが、25枚分入っていて、しかも1枚を何度も使うことができるので、お得だなと思いますよ。

「さすがに家にホワイトボードは置けない…」と思っている人や、いろいろな場所でホワイトボードを使いたいと思っている人にはオススメです。

『ひらめき脳』

4151BJBYDML._SL500_AA300_

ひらめき脳』を読みました。

4106101629

最近はビジネス書が多かったので、たまには違う種類の本も。

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」でのコメントや、茂木氏の「クオリア日記」を読んで面白い人だとは思っていたけど、著作を読んだことがなかったので今回初めて読みました。

他の著作は読んだことがないのでわかりませんが、この『ひらめき脳』は茂木氏の著作の中でも一番最初に読むのに適しているかもしれませんね。

アハ!ピクチャーやアハ!センテンスを使って「アハ!体験」を体感し(ここからも同じような体験ができます)、そこから茂木氏が研究している脳科学の研究について「ひらめき」という観点から解説しています。

リラックスとひらめきの関係、ど忘れとひらめきの関係、セレンディピティとひらめきの関係など、何となく知っていることとひらめき、つまり脳との関係を知ることができて面白かったです。その他にも、知識を詰め込んでおくことがひらめきの準備になるというところは、自分が昔書いた「丸暗記は大切だ」に通じるところがあって参考になりました。

最近は、とにかく自分が今まで知らなかった部分の知識を詰め込んでいるところですが、そうやって脳に材料を与えてやって、脳が自発的に機能してくれて、そのうち訪れるひらめきを待つというプロセスにとって必要なことなんだと改めて認識できたのが良かったです。

ちなみに、茂木氏のテレビでのコメントやblogを読んでいて、この人って、自分のやっていること、自分が興味があることを本当に楽しんでやっている人だなぁという印象を持っていたんですが、あとがきにこんなことが書いてありました。

また、私は人生というものを愛していると自負していますが、「ひらめき(アハ!体験)」を通して人生をもっと愛する、というコンセプトは絶対に外したくありませんでした。

これは、今まで彼の書いた本は小難しいと言われてきた中で、今回の本を書くにあたってのコンセプトについて書いている部分なのですが、茂木氏の人となりがわかるような一文でした。

とてもわかりやすく、また誰もが興味を持てるように書かれていて、しかも分量も多くないので、脳について、あるいは茂木氏について興味がある人は読んでみて損はないと思います。