2014年最後のシナリオプランニングセミナー

small__4711490828

10月を半ばを過ぎ、大晦日まであと75日です!

このところバタバタしていて、株式会社スタイリッシュ・アイデアの情報発信も滞ってしまっていましたが、そろそろ心を入れ替えて。

今年の1月19日に初めての本格的なシナリオプランニングセミナーを開催して以来、他社で開催したものも含めるとオープンセミナーとしては7回のセミナーを実施したシナリオプランニング。

クローズドなセミナーやお客様向けに実施したものを含めると、すでに今年はさまざまな機会をいただいています。

おかげさまでその間にいただいたフィードバックをもとに、今年の頭にお届けした時と比べて、シナリオプランニングのコンテンツは大幅にバージョンアップしています。

そのバージョンアップを繰り返した2014年の総まとめとも言えるセミナーを12月6日(土)に開催します。

詳細はこちら↓

変革のためのシナリオプランニング(12/6開催) | 株式会社スタイリッシュ・アイデア

いつまで経っても変わらないものもあれば、どんどんと進化していくものもあるように、シナリオプランニングのやり方にしても、ある程度自由に調整しても良い(場合によってはした方が良い)部分と変えない方が良い部分があります。

2014年最後のシナリオプランニングセミナーでは、今年一年分の私自身の経験や皆さんからのフィードバックを踏まえ、シナリオプランニングとの向き合い方、実践の仕方、応用の仕方を余すことなくお伝えします。

セミナーとして「変わらない」のは、単に聞いて終わりのセミナーではなく、皆さんに実際に演習をしてもらいながら進めていく実践的な内容だということ。

開催まで2ヶ月弱ありますが、すでにお申し込みをいただいており、開講に向けての準備を進めています。

年末の忙しい時期になるかもしれませんが、今からご都合をあわせて、ぜひご参加ください。

photo credit: jDevaun.Photography via photopin cc

Wiredの個人のシナリオプランニングアプリ

Wired_s_Personal_Scenario_App

個人向けシナリオプランニングセミナー開講します

株式会社スタイリッシュ・アイデアでは、2014年最初のセミナーとして、1月19日(日)に個人での活用を対象としたシナリオプランニングセミナーを開催します。

あなたの仕事の10年後を見据えるセミナー〜個人のためのシナリオプランニング

Wiredのシナリオプランニングアプリ

その準備のために海外での個人向けシナリオプランニングに関する情報を見ているのですが、Wiredが提供する個人向けシナリオプランニングアプリがありました。それがこれ。

Wired’s Personal Scenario App

この元となっているのは “Your Future in 5 Easy Steps: Wired Guide to Personal Scenario Planning” という記事。

読んでみると、

That’s why we asked Peter Schwartz, cofounder of the Global Business Network, to lead us through a tutorial on scenario planning. Schwartz typically does this for major corporations, but the technique works just as well for individuals. To be clear: Scenario planning is not prediction. The goal is to envision possible futures, which will serve as guideposts to the path forward. The payoff is a clearer view of what the future may hold and of the most advantageous route through it.

という感じで、『シナリオ・プランニングの技法』(中古で高値がついてしまっているので、原著の”The Art of the Long View“をオススメします)のピーター・シュワルツがかかわっているもののようですね。

アプリといってもシンプルなもので、画面のフォームに入力をしていきながら、シナリオプランニングの基本的なステップを体感できるようになっています。

最近出た『シナリオ・プランニング――未来を描き、創造する』などを読んで、一通りのステップを頭に入れている人であれば、引っかかることなく試すことができるアプリですね。

他にも調べていると個人向けのシナリオプランニングの応用方法について、すでにいろいろな情報がありますね。

1/19開催の「あなたの仕事の10年後を見据えるセミナー〜個人のためのシナリオプランニング」では、直接シナリオプランニングとは関係のないような手法も応用しながら、個人のキャリアを振り返り、行動に移すことができるような内容にしていますので、2014年の始めに自分の仕事を見つめ直したいという方にはオススメの講座です。

と、弊社のセミナーの話しになってしまいましたが、もちろん、Wired’s Personal Scenario Appもオススメですよ!

未来の自分のために日記をつける – Day One

diary

新年が始まると、誰でも新しいことに挑戦したくなります。

日記はおすすめ

その中のひとつに(きっと毎年)挙がるのが「日記をつける」こと。

最近文章を参考にするために読んでいる荒川洋治氏の『日記をつける』には日記は「書く」のではなくて「つける」ものだとして、こんなことを書いています。

「書く」は、書いた文字がそのときだけそこにあればいいという、どちらかというとそういうものであるのに対し、「つける」は、しるしをつける、しみをつける、がそうであるように、あとあとまで残す感じがある。いつまでも残るように記すこと。これが「つける」なのだと思う。だから日記は「つける」のだ。

4006021798

日記は自分にとってお気に入りのテーマのひとつで、過去のブログを「日記」というキーワードで検索しても、いろいろと出てきます。例えば、こんなの。

自分自身を振り返るためのきっかけになる一冊 −『仕事日記をつけよう』
『日記の魔力』

自分自身も去年から高橋書店 3年卓上ニューダイアリー(これの2013年版)を使っていて、この1月から2周目(2年目)に入りました。

1年目は途切れ途切れでつけていない日もありましたが、2周目に入って、去年の今頃の日記を読み返すとこれが本当に面白い。そうなると俄然、日記をつけるモチベーションが高まります。

以前に紹介した「質問から始めよう – 『しつもん上司術』」の「成長を加速させたいとき」という項目の中で、こんなことが書かれていました。

 部下の成長をサポートするには、先の目標を見据えるだけでなく、ときに振り返るしつもんも効果があります。
 人は無意識でいると、なかなか現在の自分に満足するということができません。しかし、自らの成長に気づくと、自信につながり、やる気も出てきます。
 そのために私が使うのは、次のしつもんです。
 「1年前と比べると、どんな成長があった?

日記をつけていれば、ひとりでこの質問に答えることができます。昨日食べた食事も忘れるようなわれわれは(え、一緒にするな?!)、1年前のことなんてうろ覚えもいいところ。そんな時に日記をつけていると、たった数行でも鮮明にそのときのことを思い出すことができます。

つまり、日記とは「未来の自分のためにつける」ものと考えても良いのかも。

とはいえ続かない…

そうはいっても忙しくて続けられないという人も多いはず。

そういう人は、気合いを入れてきちんとした日記帳を買ってきてテンションを上げるというのもひとつの手ですが、やはり気軽に始められて、つけ続けられる仕組みを考える方が得策です。

そんな人にオススメしているのがiOSアプリの「Day One」というアプリ。

去年から使っているアプリですが、TwitterやFacebookに投稿するような感覚で気軽に日記をつけられるのがこのアプリの良いところ。

日本語もきちんと入力できて、表示も美しい。できればその日に撮った写真と一緒に記録すると、とてもきれいなので、あとから読み返したくなる気持ちが強まります。

先ほど紹介した『日記をつける』では「天気もつける」ことが紹介されていますが、このアプリを使えば、その日の天気はもちろん気温、そして日記を書いた場所まで自動で記録してくれるので、細かいところまで気を払わなくても、詳しい情報が記録されるのが良いところ。

詳しい機能の紹介などはオフィシャルページをどうぞ。

Day One | A simple Journal for iPhone, iPad and Mac App Store

iOS版以外ではMacOS版のDay Oneもありますので、Appleユーザはこれを機にiPhone/iPad、そしてMacでの日記環境を整備してみてはいかがでしょうか?

photo credit: Audringje via photopin cc

1 2 3