バリュープロポジション・キャンバス本が発売!(ただし10月に…)

プロダクトマネジャーの役割

Linda GorchelsによるThe Product Manager’s Handbookの最新版(第4版)では、プロダクトマネジャーの役割をこの上に挙げたように上流と下流に分けて整理しています。(「上流」「下流」という呼び方に違和感があるかもしれませんが、ここはそのままで)

弊社でプロダクトマネジメントのサービスや公開セミナーをご提供していると、概ね、プロダクトマネジメントに関してご相談をいただく課題として、

  • 上流部分の顧客開発(製品開発)に関するところ
  • 下流部分のマーケティングに関するところ

に大きく分かれます。

これ以外でも、最近はプロダクトマネジメント組織にしていくためのご相談を受ける機会も出てきましたが、やはり多いのはここに挙げたふたつ。

このうち上流部分の顧客開発のところでは、想定する顧客にとってのベネフィットを知ることが重要になってきます。

そのためのツールとして知られているのが、バリュープロポジション・キャンバスです。

バリュープロポジション・キャンバスについては、その使い方について、かなり前にこのブログで前編の記事を書いたまま、いつまで経っても後編が登場しないという状況にありますが…。

バリュープロポジション・キャンバスの使い方(前編)

そうこうしているうちに、ビジネスモデル・ジェネレーションの著者らによる解説書が発売になるようです。その名も『Value Proposition Design: How to Create Products and Services Customers Want』というもの。

1118968050

これは楽しみですね!

発売予定日は2014/10/6と少し先ですが、今から出るのを楽しみに待つとしましょう。きっと翻訳ももう始まっているんでしょうね(せめて査読くらいは)。

バリュープロポジション・キャンバスの使い方(前編)

medium_289008691

顧客を見つけるのは永遠の課題ですね。

medium_289008691

「顧客を見つけるには何ヶ月もかかるが、失うのは一瞬」

ズキッとくる言葉です。笑えない。

かかる時間やコストを考えると、新規顧客を獲得するよりも既存の顧客を失わないようにすることを考える方が効率は良いですが、今回は顧客を獲得することを考えてみます。

少し前の記事ですが、『ビジネスモデル・ジェネレーション』の著者であるアレックス・オスターワルダーが『アントレプレナーの教科書』で紹介されている顧客開発モデルや『リーン・スタートアップ』の考え、そしてバリュー・プロポジション・キャンバスをどうやって組み合わせるのかを紹介しているエントリーがありました(バリュープロポジション・キャンバスの紹介はあとで)。

Test Your Value Proposition: Supercharge Lean Startup and CustDev Principles — Business Model Alchemist

このエントリーの中でも頭の整理に良かったのが、この図。

Test_Your_Value_Proposition__Supercharge_Lean_Startup_and_CustDev_Principles_—_Business_Model_Alchemist

バリュープロポジション・キャンバスとは、ビジネスモデル・キャンバスの中心にあるバリュープロポジションと右側にある顧客セグメントについての理解を深めるために使われるツールです。

これらのツールを、ビジネスモデルなのかバリュープロポジションなのか、デザインのために使うのかテストのために使うのかで分類したものが上で紹介している図です。つまりデザインのためにはビジネスモデル・キャンバス(ビジネスモデル向け)とバリュープロポジション・キャンバス(バリュープロポジション向け)を使い、テストのために顧客開発モデル(ビジネスモデル向け)とリーンスタートアップのサイクル(バリュープロポジション向け)に使うという分類のようです。

(とはいえ、このエントリーは2012年の9月に書かれたものなので、彼自身の考え方も今は変わっているかもしれませんね)

バリュープロポジション・キャンバスとはこんな感じのもの↓で、ここからダウンロードできます。

Test_Your_Value_Proposition__Supercharge_Lean_Startup_and_CustDev_Principles_—_Business_Model_Alchemist 2

このバリュープロポジション・キャンバスは、左側の四角は自社が提供するバリュープロポジションを、右側の丸は顧客セグメントを表しています。言い換えると、左側の四角は自社は何を提供するのか(WHAT)を考えるためのもので、右側の丸は顧客はなぜそれを欲しいのか(WHY)を考えるためのものです。

リーンスタートアップでは、MVP(minimum viable product)と呼ばれるプロトタイプを開発し、それを測定し、その結果から学習するというサイクルを回すことを提唱しています。そのMVPを作る前に、このバリュープロポジション・キャンバスを使うことで、リーンスタートアップのサイクルをより良く回すことができると言われています。

また、事前にバリュープロポジション・キャンバスで顧客セグメントと自社の製品やサービスの関係を十分に分析しておくことで、リーンスタートアップのサイクルを回す際の検証をより精緻に行うことができるようです。

では、このバリュープロポジション・キャンバスを具体的にどう使っていくのかは、長くなってしまったので、次のエントリーで紹介します。

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書
4798122971

リーン・スタートアップ ―ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす
4822248976

アントレプレナーの教科書
4798117552

photo credit: jm3 via photopin cc