自分自身を振り返る−『仕事日記をつけよう』

blank-300x175

以前に更新してから、だいぶブランクができてしまいました。こんなに放置していたのはさすがに初めて。

実際、この数ヶ月面倒な仕事があり、それがやっとこさ終わったのが10月の後半に入りかけた頃。内容の難易度が高いわけでもなく、〆切が厳しいというわけでもなかったんですが、諸々あってなかなか手間取った仕事でした。

そんなわけでblogだけではなく、Facebookなんかのオープンな場で何かを書くというのがしばらくできない日々が続いていましたが、Facebookなんかでの情報発信を皮切りに徐々に元のペースに。

そんなゴタゴタの中、ふと手にとった『仕事日記をつけよう』をきっかけに「仕事日記」なるものをぼちぼちつけていました。

著者の海保博之さんは認知心理学が専門で、たしか大学院時代、論文を書く時の参考文献として著書を読んだ記憶があります。最初、この本を見つけた時は、本自体にひかれたというよりも、「こんな本も出されてたのか」という興味から手に取ったのですが、結果として「仕事日記」を始める良いきっかけになりました。

本書によると仕事日記の原則は、

  1. 毎日書く
  2. 仕事を始める前に書く
  3. 最初のページに目標、理想を書く
  4. 内容はなんでもいい
  5. PCでもノートでもOK
  6. こまめに読み直す
  7. 絶対に他人に見せない

という至ってシンプルなもの。

実は、日記や日記をつけることを通して内省をするということは、自分の場合、前から興味を持って、実践をしています。このblogを振り返っても、そんなことをネタに書いているエントリーがちらほらあります。

時間の意識を高める『人生は1冊のノートにまとめなさい』
週次で振り返る大切さ
『日記の魔力』

記録をして振り返ることに目覚めたのは浪人時。その頃は、とある大学に通いながら、別の大学を目指すということをやっていたので、その時の自分なりになかなか楽ではない毎日で、Z会から送られてきた手帳に一日の勉強時間と感想を記録し始めたのがきっかけでした。それ以来、形式は変わっているものの、「記録して振り返る」という行為はずっと(15年以上?!)続けてきました。

仕事日記をつけよう』でも「書くことで「気持ち」と「体」のストレス耐性が高まる」という箇所がありますが、大変な時こそ記録をし、内省するというのは、たしかに効果があります。

この本に書いているように、形式はなんでもいいでしょう。あるいは、この本の通りではなくてもいいかもしれない。要は自分だけのために、自分の言葉で、自分のことを記録をすること。そして、それを使って自分自身を振り返ること。

Facebookなどで日記のように思いを綴るのも良いと思いますが、やっぱり大切なのは、自分だけのために書いて、振り返る。たくさんの「いいね!」も嬉しいし、自分のブランディングも大切なのかもしれませんが、何よりも、まずは自分自身をじっくり見つめることは必要なんじゃないかと。

仕事日記をつけよう
4872905555