Home » 考え事 » 少食ゲーム

少食ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんとか復活しました。

連日、睡眠不足やら徹夜やらが続いていて、なんとなく「やばいなー」と思っていた。胃の痛みも治まらないし。仕事中に胃の痛みがだんだんひどくなり、吐き気に変わり、そのまま死んでました。医者によるとウイルスが胃腸に入ったとのこと。実際、同じ場所で仕事をしていた人で、まったく同じ症状の人も多かったので、自分の胃がヤバイとかではなく、流行りだった模様。

なんとか復活して、健康の喜びを思い返している中、ふと思い立ってZopeジャンキー日記の甲田光雄氏ネタ、ウェルネスネタを読み返していました。(Zopeジャンキー日記はかなり好きで、サイトが赤い感じの時からずっと読み続けてます。NDO::Weblogによるとmojixさん、超本格会議に来てた模様。無理して仕事終わらせて行けば良かった…)

甲田光雄氏とは、西式健康法の流れをくんでいる人で、少食・断食を普及している。

・甲田光雄
http://www.nishikai.net/japan/koda/kodaprf.html

その彼の思想を受けて、mojixさんが「少食ゲーム」を実践している。自分もここ最近かなりひどい食生活だったこともあって、大いに影響を受けた。そこでさっそく今日から自分も実践。

「体が資本」なんてよく言われることだが、どれだけ真剣にそう思っているかというと、ほとんどの人があやしいんじゃないだろうか。そういう中、mojixさんが書いているみたいに「ゲーム」としてとらえ、一緒に目的に向かってプレイできる人がいるというのは面白い。mojixさんのアイディアに賛同して、自分もここで書いてみたという次第。

痩せるだとか、健康になるというのも目標としていいかもしれないが、自分がやりたいことを充実した状態でこなせる体を作るために、食生活から見直していこう。

最後に、少食ゲームからのインスピレーションでいくつかリンクなど。

・粗食のすすめ-東洋経済新報社
http://www.toyokeizai.co.jp/pub/soshoku/
→少食からすぐに思い浮かんだのが「粗食」という言葉。いきなりレシピを買うのもなんだなぁという人は、『粗食のすすめ実践マニュアル』あたりから読んでみるのもいいかも。

sosyoku.jpg

・特集「粗食」を考える -「粗食の過食」が肥満を招いている-
http://www.lifence.ac.jp/goto/spe/spe20-2.html
→いくら粗食がいいからと言って、正しく理解しないことには逆効果になってしまう。

・SEAFOOD VEGETARIAN CLUB
http://www.seafoodvegetarian.com/
→元々、肉より魚が好きな自分はこういうのもいいかもしれない。「シーフードベジタリアンでダイエット」という記事も。以前に買ったまま積読になっている『シーフードベジタリアン』も手をつけてみようか。

seafood.jpg

追記
1月中で記事を書いてない日の分は、後からまとめてアップすると書いていましたが、体調を崩していたのもある意味記念ということで、そのままにしておきます。

以下、のたうちまわっていた記念に…。:-P

kinen2.JPG

8 thoughts on “少食ゲーム

  1. 復活できて良かったですね。会社方面でも結構胃腸やられた人がでて、未だかつて早退したことない人が早退したりと、なかなか酷い状態でした。

    西式は。。。トライしようとしたけどパスしました。
    そのうち時間みつけて、断食コースはいってみたいです。
    なぜって、断食すると、胃の調子は確実に良くなるようなので。。

  2. ありがとうございます。

    やっぱり同じような症状の人、多いみたいですねぇ。周りで
    休んでしまう人が、大抵同じような症状でびっくりしてたん
    ですが。

    自分も治ってからも、ほとんど固形物は口にしない生活が
    続いていたんですが、その時は本当に胃が楽でしたねぇ。
    それがきっかけで今回の少食ゲームに至ったという経緯です。

    もし断食コース行かれたら、お話聞かせて下さいね。

  3. araiさん、トラックバックありがとうございます。
    「少食ゲーム」にさっそく共鳴してくれる人が出現して、とても喜んでいます。
    「有機」「無農薬」とかはわりと聞くんですが、「少食」はあまり聞いたことがなくて、私にはそこが新鮮でした。
    しかし調べれば調べるほど、けっこう古くからある普遍的な考え方のようなんです。
    甲田療法は、ジュースでガンを治療するゲルソン療法にもよく似ているし。といった話はまた自分のサイトで書くとして‥ (^^
    こんど少食ゲーマーのオフ会でもやりませんか?

  4. mojixさん(とお呼びしていいんでしょうか?)

    コメント頂けて喜んでいます。

    確かに少食というコンセプトは新鮮ですね。「断食」とか
    「ダイエット」なんかだと構えてしまいそうですが、少食は
    肩に力が入っていない感じが良いですね。

    ゲルソン療法もmojixさんのエントリーで知ったのですが、
    読んで感動してしまいました。ジュースでガンを治療する
    なんてすごいですね。

    「少食ゲーマーオフ」いいですね!ぜひやりたいです。3月
    あたりに企画しましょうか?

  5. mojixさんへのトラックバックからたどってきました。
    やはりあちこちで甲田光雄先生は活字で影響が広がるんですね。ぼくは甲田光雄先生の創始になる少食健康法友の会の役員です。といっても浅学非才ですが。
    断食は基本的に治療に属すことです。ミニ断食や半日断食といったやり方は断食といっても節食(いわゆるダイエット)になります。断食は簡単に考えてはいけないものです。いわば伝家の宝刀みたいなもの。名刀は扱いを間違えると大怪我ですね。断食もちょっと間違えると命取りになる危険な面を持っています。ダイエットや体調調整にちょっとやるか、なんて怖いもの知らずです。少食健康法はそうした効果絶大の部分をすこし緩和したやり方に工夫したあくまでも健康法です。沢山の治癒例が支える経験則から安全に健康を回復したり維持してゆく生活技術です。mojixさんが3点挙げられているのはそのとおりですが、より重要な一面があります。「こころ」です。精神的、神経的なことがらが生理的、生態的なことと深く一体であることを自覚して、各自に合った「修養」をすることが健康の要であることです。別の表現をすれば、思想と実践は不可分だから、少食の思想がどう血肉化されるかですね。甲田先生の言葉で言うと「愛と慈悲の生活」「すべての生物の平等性」などなど。
    実際的には「からだの『宿便』を取りたければ、こころの『宿便』を取らなければならない」ということです。
    いや、むつかしいことではないんです。意思なくては何事も成就しない。意思を支える最後のよりどころは愛だていうことでしょう。甲田医師の講演や講話は少食健康法友の会の月例学習会や定例講演会で聞けます。本もいっぱいあります。
    友の会のサイトもあります。素人のつたないHPですが、最小の情報は取れますのでご参考に。わたしは健康法は各自が自分で捜し求めるほうがいいと思っています。だから自分のBlogサイトではほとんど直接の健康法は書きません。背景的な事情や歴史や思想を書いていけたらなと、思っています。みなさんから学びながらとおもっています。相互リンクができればと思います。高齢のパソコン使用者でマナーなどよく判らないので失礼していないか恐れています。どうぞ宜しく。有難うございました。Rosehip
    友の会のサイトURLは
    http://www1.kcn.ne.jp/~tomo-row/
    です。

  6. 少食ゲームのオフ会、ぜひ参加したいです。

    この前、居酒屋でいっしょになった人とこの
    話をしていたら突然、そこの主人が怒ってきて驚き
    でした。

  7. 少食ゲームのオフ会、ぜひ参加したいです。

    この前、居酒屋でいっしょになった人とこの
    話をしていたら突然、そこの主人が怒ってきて驚き
    でした。

  8. 少食ゲームのオフ会、ぜひ参加したいです。

    この前、居酒屋でいっしょになった人とこの
    話をしていたら突然、そこの主人が怒ってきて驚き
    でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>