Home » 考え事 » 憧れ

憧れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イチローが「野球人生最高の日」と言い切ったWBCの最終戦。日本、見事世界一になりましたね。

いやぁ、感動。野球を見ていてあんなにドキドキする機会なんてなかったな。9回で点が欲しい時のイチローのヒット。代打できっちり仕事をした福留。野球は元々そんなに見ないながらも感心・感動しながら見てました。

今回の日本の試合は、特に今野球をやっている子供たちに、野球って良いな、野球ってすごいなぁと、そんな強い「憧れ」を与えたんじゃないかなと思いますね、確実に。

これは、飲んでる時に「新井の夢は?」みたいに聞かれたら、散々語っていることなので、聞いたことがある人は以下省略ですが、今日のWBCを見ていても改めて思ったけど、人に「憧れ」を与えられる存在になりたい。それが自分の夢というか目標。

人間が色んなことを頑張れる要因は様々だろうけど、そういう要因の中でも「憧れ」は、大きなエネルギーを与えるものなんじゃないかと自分は思う。

例えば、前にひょんなきっかけで見たテレビの番組で料理研究家の土井善晴氏が出ていて、彼が昔修行をしていた日本料理屋に行くというシーンがあった。そこに行って、いきなり彼がまかないを作りだす。いきなりのことに周りはびっくりするわけだけど、その時画面に映っていた、そのお店の見習いの人の表情が忘れられないですね。興奮して、感動して、瞳孔が開いちゃってるような感じ。彼らにとっては、あの土井善晴が目の前でまかないを作ってるよ!っていう感じなんでしょうね。

もしかしたら、彼らはそのまま日本料理の道を進むかもしれないし、違う道に進むかもしれない。でも、きっと彼らにとって、あの時、目の前で土井善晴氏がまかないを作っていて、その時に感じた興奮とか、その元になっている彼への「憧れ」は、たぶん褪せることはないんじゃないかと思うんですよ。そして、それは何をやるにしても、確実に彼らの大きなエネルギーになるはず。

何を楽観的なことを言っているんだと言われるのは百も承知で、でも、きっと人は「憧れ」からエネルギーをもらって、そういう人がこれからの世界をどんどんと変えていく人物になっていくんだろうと思う。

自分も今まさに、そういう人とお会いして、刺激をもらって、楽じゃない毎日でもなんとか乗り越えていく原動力を得ていると感じている。

いつか自分もそういう存在になれればと思うからこそ、あと一歩が踏み出せる。

2 thoughts on “憧れ

  1. 憧れ、か・・・
    正直私はそういうカタチで、欲しい姿を語ったことがなかったよ。

    きっと他人(憧れの対象)と自分が違うという前提でモノゴトを考えるからですね。
    でも、改めて「憧れ」というと、カタチになる。
    そういう感性、素直に羨ましいです。

    私も自分の外に憧れを探してみよう。

  2. ecriくん

    コメントありがとう。

    どう考えたって自分とまったく同じ人間はいないわけだから、自分と自分以外を比べれば、確実にそこに「チガイ」は存在するわけですよ。

    あとは、その「チガイ」をどうやって見るかだけのこと。見方によって、「他人」にもなれば「憧れ」にもなる。

    もちろん全ての「チガイ」を「憧れ」でとらえなくてもいいだろうけど、自分と他人が違うという前提でものを見るとき、その前提が(前提だからこそ)まずは冷静であるべきなのかもね。

    「チガイ」そのものが良いものでも、悪いものでもないわけだろうから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>