Home » 考え事 » Let it be

Let it be

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

letitbe.jpg

ばたばたした毎日が続く。ちょっとしたことにイラついたり。そんな時、なぜか聴いてしまうのがThe Beatlesの”Let it be”だ。普段はJohn Lennonびいきだが、この曲だけは特別。

かなり飽きっぽい自分が、10年以上も聴き続け、全てのCDを集めるだけでは満足せず海賊版を買い漁り、LPにまで手を伸ばし、グッズを買い集め、アビーロードの横断歩道まで渡ってきた。そんなBeatlesにはまるきっかけになったのが、この”Let it be”なのだ。

Beatlesの曲の中では有名な部類に入るが、他の有名曲とは違う雰囲気がある。ピアノのイントロに誘われて、印象的な歌詞に浸って、ギターソロで打ちのめされる。そんな曲だ。

この曲のタイトルでもある”be”という単語、なんとなく、この単語が好きだ。漢字っぽい匂いのある英単語だ。この単語のイメージを表す漢字を当てるとすると「素(ソ)」かなぁという気がする。きっと意味を考えると「在」みたいな漢字なんだろうけど、漢字としても好きな「素」が当てはまる気がする。

背伸びをするわけでもなく、卑下するわけでもなく。抗うわけでもなく、従うわけでもなく。創造するわけでもなく、破壊するわけでもなく。流されず、揺るがない。

常に上を目指し、上り続けていくことは素晴らしいことだ。でも、本当に素晴らしい形で上へ上っていく人はどれだけいるだろうか。そんな人は、きっとしっかりした「素」の部分を持ち続けている人なのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>