Home » 考え事 » 週次で振り返る大切さ

週次で振り返る大切さ

medium_6711401057
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔からそうだったのかもしれませんが、最近特に「これが終われば落ち着くだろう」みたいな感覚がなくなってきました。

一山越えれば、また一山あるという感じがずーっと続いている感じですね。もちろん、その山が険しい時もあれば、なだらかな時もあるので、いつもきゅうきゅうしているというわけでもないのですが。(ただ、最近はこの時期にしては険しめな感じ)

そういう感じで、体調の悪さも相まって5月は我ながら自分ではないように、かなり低空飛行で毎日を送っていましたが、6月はなんとかボチボチきています。時間が経つのは速いけど、その速さに流されることはなくて、きちんと自分でコントロールできている感じは確実にあります。

そうなった理由は、体調が回復してきたというのも大きいですし、他にもいろいろとあるかとは思いますが、ひとつ挙げるとすれば「手帳」ですね。

「なーんだ」という感じかもしれないですが、6月になってから週次で振り返りをじっくりやることを始めたんですが、これが思っていた以上に効果を上げていて驚いています。

週次の振り返りといっても大げさなものではなく、毎週日曜日の午前中に近くのカフェ(と書いてみたものの、そんなオシャレなとこじゃない)に行って、1時間半くらいかけて前の週の振り返りと、今週の計画を練ります。

今までも週末の計画を立てることはやっていたのですが、効果をいまいち感じられなかったのは、前の週の振り返りをやっていなかったからかもなぁと思います。

振り返りとしてやっているのは、毎日書いている日記というか日誌みたいなものペラペラと一週間分読み返して、一緒に毎日のTo Doの消化具合も見ます。その上で、今は「仕事」「読書」「その他」「出費」という4つの観点で、振り返りをきちんと文章として手帳に書き留めます。

一週間分の手帳を読み返すだけでもそれなりに振り返りはできるのですが、やはり頭と手を使って、言葉として書き出すという行為が、振り返りの効果をさらに高めているのではないかと感じています。

その後で、次の一週間の計画を立てるのですが、その場合は既に決まっているスケジュール(やること+日時が決まっている)とTo Do(やることは決まってるけど、日時は不明)を洗い出します。

という感じで、なんちゃらハックと呼べるような特別なことは一切していないんですが、これだけで自分は相当スッキリな気分で新しい週に望めるようになりました。

思えば、みんな計画を立てるということは昔からやっていると思うんですが、振り返るということは比較的少ないんじゃないかと思います。「計画を立てた回数>振り返りをした回数」という状態であることが普通だと思うんですが、この不等号をいかにイコールに近づけていけるかが、忙しい中でも自分自身をコントロールできるかどうかの分かれ目かもなと思うようになりました。

ついでに言えば、計画を立ててから振り返るまでの時間はある程度短い方が良いですね。今までは日次でやっていて、それよりも大きな単位ではせいぜい月次だったのが、週次できっちりやることで、やりたいことのスケジュールのぶれが少なくなってきている気がします(もちろん、まだまだ遅れまくっているものも多々ありますが…)。

というわけで、今月末あたりには年初に立てた目標を一度振り返って、残り半年の軌道修正をしようかなぁと思案中。

もちろん、この「週次で振り返りをきっちりやる」というのは、以前に方法論通りに実践していた Getting Things Done から学んだことのひとつです。今は、GTDの通りに自己管理をしているわけではないですが、考え方の基本的なところなどは大いに参考にしています。

4 thoughts on “週次で振り返る大切さ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>