Home » 仕事 » » 『モチベーション3.0』が問う私たちの働き方

『モチベーション3.0』が問う私たちの働き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次々と面白い企画を打ち出しているレビュープラスさんですが、今回はなんと発売前のゲラでのレビューという企画。

申し込んでみたところ、これから紹介する『モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか』と、『マルコム・グラッドウェル THE NEW YORKER 傑作選1 ケチャップの謎 世界を変えた“ちょっとした発想”』のレビューをできることになりました。

いざ届いてみると、こんな感じで本当にゲラ!

e58699e79c9f

これを見ると、個人的には、翻訳、あるいは執筆が終わって少し気が抜けた時にどどーんと届いて、再び怒濤の日々が始まるのを思い出してしまいます…。

ということは、内容とはまったく関係ない話なので、さっそく『モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか』の内容に。

4062144492

モチベーションというのは、われわれにとって本当に大きな問題です。

そして、そのモチベーションをコントロールするために、今まで最適だと考えられてきたのが「アメとムチ」方式です。つまり、アメ(仕事の場合は報酬)を得るためにガンバリ、さらにムチでたたかれないようにガンバることで、モチベーションを高く保とうという考え方です。

でも、そういうモチベーションの考え方は、現代の仕事の仕事の仕方に合わないんじゃないのか?という問題提起をしているのが、本書であり、本書では、モチベーションを次のような3つに分けて考えています。

  • モチベーション1.0→生存のための行動
  • モチベーション2.0→アメとムチによって駆り立てられる行動=【タイプX(エックス)
  • モチベーション3.0→学びたい!創造したい!世界をよくしたい!=【タイプI(アイ)

先ほど紹介したアメとムチ方式を「モチベーション2.0」と呼び、それはタイプX(「外発的」という意味のextrinsicという単語から)の行動、つまり外部からの欲求がエネルギーとなるものとしています。

それに対して、現代必要とされているモチベーションは「モチベーション3.0」であり、これはタイプI(「内発的」という意味のintrinsicという単語から)の行動、つまり内部からの欲求であり、活動そのものから生じる満足感と結びついたものだとされてます。

そして、その「モチベーション3.0」を構成する要素として、本書では次の3つが詳しく紹介されています。

  1. 自律性
  2. マスタリー(熟達)
  3. 目的

ゲラとしていただいたのは、このうち2つめの「マスタリー(熟達)」まで。

実際の本では、モチベーション3.0のもうひとつの要素としての「目的」の説明に続いて、「タイプIのツールキット」として、実際にモチベーション3.0の状態に持っていくための具体的な方法が紹介されるようです。

それも、個人向け、組織向け、報酬の考え方、保護者・教育者向けと、あらゆる観点から紹介されているので、どのような立場の人でも得るところがありそうです。

個人的には、『フロー体験 喜びの現象学』などで知られるチクセントミハイのフロー概念を元に「マスタリー(熟達)」について解説をしている章で出てきた「フローは魂にとっての酸素にあたる」という言葉がとても印象に残りました。

以前に紹介した『熱狂する社員』でも感じたことだけど、今後ますます「個」として生きるということが重要なテーマになっていくのではないかと思います。

それはいわゆる「自分探し」みたいな自分の中に閉じてしまう感覚とは違って、いかなる立場であれ、社会の中の一員として生きていく上で、いろいろな関係性の中で、魂にとっての酸素となるフローな体験を積み重ねていけるのかということなんじゃないかと。

これはぜひ本を買って、続きを読みながら、「モチベーション3.0」な働き方を考えてみたいと思います。

ちなみに、著者であるダニエル・ピンクは『フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか』や『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』など、われわれが働く環境の変化を的確にとらえ、その上で一歩先の姿を見せることが非常にうまい著者。しかも突飛なアイデアではなく、誰でもアクセスできるような調査や研究事例をうまく使って論を組み立てていくところは参考になります。

学生の頃、『フリーエージェント社会の到来』にガツン!とやられた自分が、社会人となり『モチベーション3.0』でどんな気づきが得られるのか、今から発売が待ち遠しいです。

参考
以前に話題になっていたので知っている人も多いと思いますが、この『モチベーション3.0』の原形というか、エッセンスの部分はTEDでも見ることができます。

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか
ダニエル・ピンク 大前 研一

4062144492

関連商品
民の見えざる手 デフレ不況時代の新・国富論
ジョニー・ブンコの冒険 デキるやつに生まれかわる6つのレッスン
たった1つの行動が、職場ストレスをなくしモチベーションを高める -お金ではないトータル・リワードという考え方
Drive: The Surprising Truth About What Motivates Us
プレゼンテーション Zen デザイン
by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>