Home » 仕事 » フランクリン・プランナーとフレームワーク

フランクリン・プランナーとフレームワーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ今年も終わり間近。

年の変わり目となると色々と準備しなくちゃいけないものがある。(同じようなことを前にも書いた気がするけど…)その中のひとつである手帳は、結局来年もフランクリン・プランナーを使うことにしました。

フランクリン・プランナーは今年から使い始めている。前半までは順調に使いこなしていたけど、後半、特に新しいプロジェクトに入ってからなかなか使いこなせていなくて、結局、後半は中途半端になってしまった…。というわけで、来年はもう少しきちっと使いこなさないと思って今年も買いました。

買ったのは、モンティチェロデザインの1年分のリフィル。デイリーリフィルが充実しているのがフランクリンの特徴のひとつだとは思うけど、これとマンスリーだけだと、なかなか詳しいスケジュールが把握しにくいと感じているので、来年はウィークリーも併用しようかと思案中。

ちなみに、今年は自分が使うだけじゃなくて、色んな人にこの手帳の良さを伝えてきた。大抵の人が気に入って使っていて、その中のほとんどの人が「なんか書かないと落ち着かない」ということを言っている。サボってしまったくせに言うのもなんだけど、確かにそういうところがある手帳だ。

フランクリン・プランナーは、大雑把に言っちゃうと個人の人生の価値観を明確にし、その価値観を実現するための時間管理ツール。確かに自分の人生で大切にしたいもの、仕事の上で目標とするものを常に考えている人は多い。ただ、それを頭の中だけで考えてるだけでは曖昧なままで終わってしまう。そうならないために神田昌典なんかも『非常識な成功法則』の中で「目標を紙に書け」と言っているわけだが、いざ書こうとすると真っ白な紙の上に、そうサラサラと目標なり価値観なりを書けるわけでもない。

そういう意味で、このフランクリン・プランナーみたいなものはツールとして非常に便利だ。個人の価値観を明確にするためのリフィルが揃っている。つまり、「個人の価値観を明確にするためのフレームワーク」が整っているのだ。

フレームワークというと、戦略論やマーケティングなどでよく使われたりする。SWOT分析だとか、3C分析なんかがある。(ちなみに、4P分析も含めて、分析の大まかな部分を体験してみるのに、こんなサイトも面白いかも。詳しくは見てないんですが…)

実際に自分もビジネススクールのマーケティングのクラスで、それらのフレームワークを使って分析をしようと試みたけど、これがなかなか難しい。当たり前のことだが、フレームワークは、それだけで綺麗に答えを出せる究極のアイテムではないのだ。

とはいえ、それが考えるきっかけになるのは確かだし、自分の考えのモレなんかに気付かせてくれるツールでもある。簡単に答えが出るわけではないけど、少なくとも考えるきっかけを作ってくれるツールだ。来年はもっときちんと使ってみるか。

追記
このエントリーを書くために、「フレームワーク」という観点から色んなサイトを探してみましたが、面白いサイトがいくつか見つかったのでメモを兼ねてご紹介。

意志決定フレームワークとは
@IT自分戦略研究所の記事。何か大切なことを決めるとき、その時のフレームワークを解説している。ちなみに、これを書いている堀内さんの起-動線はちょっと気になる。

Business Practice :ビジネスケーススタディとフレームワーク
Business Practice -BUSINESS MANAGEMENT CYBER SPACE-の1コンテンツ。無料だとは思えない充実ぶり。

多摩大学:マーケティング戦略I[講義資料ダウンロード]
多摩大学の中川理氏によるマーケティング戦略クラスのシラバスからのリンク。充実した講義資料です。

フレームワークで考える
→有料メンバーになろうかどうか迷い続けているJMR生活総合研究所のマーケティングサイトにある戦略家養成塾のコンテンツ。うーん、やっぱりいいなぁ、このサイト。

KRP Women Virtual Incubation Center
京都リサーチパーク株式会社がやっている女性起業家のためのサイト。オープンカレッジなんて、かなり内容濃いです。

インテリジェント仕事術研究所
→ホワイトカラーの生産性向上と仕事中の幸福感を追求するのが目的の研究所。実体験に基づいた情報が多くて参考になりそう。

実践マーケティング講座
帝国データバンクのコンテンツの1つ。なかなか本格的。

最近なかなか面白いサイトがないなぁと思ってたけど、目的を持って探してみると、こういうサイトがゴロゴロ見つかってくるから、まだまだネットは面白いなぁと思う。

2 thoughts on “フランクリン・プランナーとフレームワーク

  1. 押し迫ってきました(笑)

    私は、来年も、タイムシステム使います。もう15年ぐらいになります。ただ、まだまだ使いこなせていないと思うのだけど、その一部の機能を使うだけでも役に立つので、手放せないですね。。

    本当はコンピュータ版で日本語とおれば、つかいたいんだけど。。

    良いお年をお迎えください。

    # 思っていたより曙弱かった。。

  2. 迫ってきましたね。

    タイムシステム、コンピュータ版もあるんですか?知りませんでした。

    そういえば前にお会いした時に手帳を見せてもらうのを忘れました。
    今度、差し支えない範囲で見せてください!

    良いお年をお迎えくださいね。

    #曙、確かに…。吉田、残念です…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>