Home » 仕事 » 3倍の仕事をこなす

3倍の仕事をこなす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このblogを読んで下さっている方に限らず、皆さんなかなかハードに働いている人も多いかと思います。そんな皆さんが「今の3倍仕事をするように」と言われたらどうしますか?

答えは、起-動線のこの記事から。

起-動線 – 読み物 – 146. 3倍の仕事をする方法
http://www.ki-dousen.net/modules/nsections/index.php?op=viewarticle&artid=198

肝心の部分だけを引用してみると、

「Aさん、3倍の仕事をする方法を知っていますか?」
「?」
「一つの仕事に3つの目的を持つんです」
「! …なるほど、そういうことですね」

Aさんに提示された仕事は、特定の製品に関わる仕事ではありますが、学ぼうと思えばこういうことも学べますね、という話になりました。
・会計業務の知識(そのソフトウェア製品の機能)
・ゼロから製品の開発・販売体制を築くという事業経験
・グローバルプロジェクトの運営

となるそうです。

コロンブスの卵と言えばそうですし、今の3倍の”アウトプット”を期待していた人には「なんだ、これ!」という感じかもしれませんが、この記事を読んで、改めて仕事において(もちろん仕事以外でも)それをやる意義・目的というものを常に明確に意識しておくことは大切だなと思いました。

そう思ってパッと連想したのが、何度か紹介をしているはずの『はじめて考えるときのように―「わかる」ための哲学的道案内』(装丁がよりきれいなハードカバー版はこっち

hajimetekangaeru.jpg

「そもそも考えるって何をすることなんだろう?」という素朴な問いから始まるこの本は、仕事にも、日常生活にも新たな視点を投げかけてくれています。何度も読み返しています。

さて、目的を明確にして3倍の仕事をこなすことがわかったところで、数時間の睡眠で3倍の時間に相当するようなアイディアはないものか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>