Home » 仕事 » Evernote+あとで読む

Evernote+あとで読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このところ、情報収集のツールとしては、もっぱらEvernoteを使っています。

evernote

以前から気にはなっていたのですが、自宅のマシンをMacに変えてから使い始めました。

シゴタノ!で始まった、Lifehacking.jp堀さんのこれからMacという連載にあった「あなただけの知識のフィールドを作り出す Mac のナレッジ・アプリ」に触発され、Yojimboなんかも気になっていたのですが、WindowsでもiPod touchでもWebでも使えるところが気に入って、Evernoteを使い始めました。

使い始めるにあたっては、このエントリーを参考にしました。

・シゴトハッカーズ:Evernoteの基本的な使い方【チュートリアル編】 – ITmedia Biz.ID
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0808/01/news051.html

とはいうものの、こういう新しいタイプのツールを使う時は、実際に使ってみるのが一番早いですね。この記事は、しばらく使い込んでから、タグの付け方を考える時の方が参考になりました。

実際に使ってみると、仕事やプライベートで必要なファイルや情報が、どのような環境でも同じ状態で貯まっているというのは良いですね。

以前は「紙copi」を利用していましたが、やはり複数のPCでの同期などを考えると、EvernoteのようにWebを前提にしたツールの方に軍配が上がります。

ということで、今はプレミアムアカウントにして、PDFやPower Pointなど、どんどん放り込んでいます。

その他にも、Webやメールの情報をどうやって簡単に集約するかと考えた時には、「EVERNOTEとGmailを組み合わせて強力な検索機能を使う」を参考にして、「あとで読む」を使い始めました。

・あとで読む – あとでメールで読める無料ブックマーク・サービス
http://atode.cc/

「あとで読む」自体は前から知っていたものの、メールであとで読むサイトを送ったとしても、メールが溜まるだけになっちゃうんじゃないかと思い使っていませんでしたが、今はEvernote用のクリッピングツールとして、かなり重宝しています。

ちなみに、ジャーナリストの佐々木俊尚さんの新刊『ひと月15万字書く私の方法』(またいつか紹介します)でも、Evernoteの使い方が出ています。

4569708676

ちなみに、Evernoteを日本語化したいという場合は、以下のエントリーが参考になります。

・Evernote 日本語化
http://fkimura.net/application/1-evernote-japanese.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>