Home » 仕事 » PeopleSoft買収とSNS

PeopleSoft買収とSNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前のエントリーでも書いたが、PeopleSoftがOracleに買収され、PeopleSoftの社員は決して良いとは言えない処遇を受けているようだ。

そんな中、MBA in Australia(英語です)というblogで面白い記事を見つけた。(ちなみに以下のURLをクリックすると全然エントリーがないように見えますが、ずっと下にスクロールすると記事が出てきます)

・MBA in Australia: Social Networking for Jobs
http://aussiemba.blogspot.com/2005/01/social-networking-for-jobs.html

これによると、PeopleSoftの社員がビジネス系のソーシャルネットワーキングサービスであるLinkedInに大挙しているのだという。

このエントリーにもあったJoi Ito’s WebのLinkedIn suddenly popular at PeopleSoftを読むと、実情がよくわかる。

If you search for PeopleSoft employees who have joined in the last 30 days, you get over 3,700 results. There are 5,500 or so employees listed in total which is around half of their employees. It probably has something to do with the fact that 6,000 PeopleSoft employees are supposed to get the axe today.

これはすごい。

ただ、これだけの人が登録をして、実際にどれだけの人が効果的な使い方をできるのかわからない。実情はわからないが、これだけの人数のうち、SNS経由で何らかの仕事にありつけるためには、よっぽど傑出したスキルなり、ポジションにいないと厳しいのではないか。まぁ、もちろん全員がSNS経由で何か良い仕事を見つけられるとは考えてるわけではなく、普通の転職サービスみたいなものにも登録しているのだろう。

昔の上司に言われたことだけど、これからの時代、会社の名前なんかじゃなくて、いざとなった時に自分が「売れる商品」として周囲に認めてもらえるように、スキルを磨いて、経験を積んでいかないとダメなんだろうなぁ。山本さんの成長戦略ではないけど、「PeopleSoftの製品はばっちり使いこなせますよ!」なんていうのは、ある意味LinkedInに登録しているPeopleSoft関連の人全員がそうだろうから、それだけじゃ差別化なんかにはなりはしない。ちゃっちゃとそういう部分は身につけて、早く次の段階に行かねばですなぁ。

ちなみに、MBA in Australiaで知った副産物で、Social Networking Services Meta Listなるものを発見しました。こんなにあるんですねぇ。海外のビジネス系のSNS、ひとつくらい入ってみたいなぁ。

・Home of the Social Networking Services Meta List – The Social Software Weblog –
http://socialsoftware.weblogsinc.com/entry/9817137581524458/