Home » これからの生き方・働き方 » セミナー開催情報「ホスピタリティが創る未来〜そしてその使い方」

セミナー開催情報「ホスピタリティが創る未来〜そしてその使い方」

small__456908116
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

small__456908116

※この内容は株式会社スタイリッシュ・アイデアが発行するStylish Ideaニューズレターの号外としてお送りした内容に加筆したものです。

述語性が拓くホスピタリティ

いよいよ来週に迫ってきた2200 Labの第1回セミナー。

2200 Lab 第1回「ホスピタリティが創る未来〜そしてその使い方」

「2200 Lab」とは、株式会社スタイリッシュ・アイデアの「2200年を善いものにするためのアイデアを」というミッションを実践するための「研究室」です。

未来を見据え、未来を創るためには、既存の価値観にとらわれず、さまざまなシナリオを想定し、どのようなシナリオにも対処できる柔軟性が必要となってきます。「2200 Lab」では、毎回さまざまなゲストをお招きし、参加者の皆さんの未来への創造力を鍛える、参加型の実践セミナーです。

その第1回のテーマは「ホスピタリティ」です。

ホスピタリティ、気になるテーマなんだけど、とはいえ、自分の仕事には関係ないんだよね…。

そう考えてしまうのも無理はありません。しかし、今回は誰にでも役に立つような内容に仕立てています。というよりも、今回講師をお願いしている石丸さんによれば、ホスピタリティはどんな仕事にも役に立つものです。

例えば、あなたがこんな経験をしたことがある人であれば、今回のセミナーは必聴です。

  • 訪問先で必死に売ろうとして頑張って話しているのに、むしろ相手との距離が広がっていると感じている営業パーソン
  • 部下に作業を依頼しようとすると「いっつも自分の都合ばっか…」と言われてしまう(陰で言われている)リーダー
  • 職場、家庭などのあらゆる人間関係の場で「せっかく相手のことを思って言ってる(やってる)のに…」と思うことが多い方

そんな方は、「述語」性が足りません。

述語性?「それって主語、述語の述語ですか?」そうです。

私自身、初めて石丸さんに述語性のお話しを伺ってから、仕事ではもちろん、ランチに入ったレストランや飲みに入った居酒屋で、残念な場面に遭遇した時、何が悪いのかをだいぶ理解できるようになりました。

とてもシンプルですが、とても強力なロジックです。

ただし、一度聞いただけではなかなか自分で使いこなせるまでには至りません。そこで今回のセミナーでは後半の1時間から1時間半を使って、どうやって自分の仕事で使っていくのかを考えていく機会を設けています。

今まで聞き流すだけの単語だったホスピタリティを自分のものにする貴重な機会です。

お申し込みは前日26日(水)まで受け付けていますので、ぜひご参加ください!

2200 Lab 第1回「ホスピタリティが創る未来〜そしてその使い方」

photo credit: reizenbee via photopin cc

[ad]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>